高校生環境学習推進事業『あいちの未来クリエイト部』愛知県立佐屋高等学校 科学部 第1回教材作成を実施しました!

2021/02/12

1228日(月)に『あいちの未来クリエイト部』愛知県立佐屋高等学校科学部の第1回教材作成が行われました。同校では、稲の食害などで問題となっているジャンボタニシの有効な駆除方法の研究と、地域水田の生物相の解明を目的に調査研究を行ってきました。

  本日は、どのような教材を作るかの検討の第一歩として伝えたい対象と内容、その目的を議論しました。

  ジャンボタニシに関する認知・理解が普及していないため、次世代を担う地域の小学生に向けて問題を認知してもらい、関心を持ってもらうことで地域の将来を変えていくべきではないかという意見や、問題の当事者である水田の有機農家に向けてもっと専門的な情報が届くような方法として教材を開発したほうが良いのではないか等、鋭い意見が多く上がりました。今回のディスカッションで結論は出ませんでしたが、次回までに部内で協議して結論を出すこととなりました。


議論に参加した全員の意見が出そろったことや多様な意見が上がったのは、この半年間部員の皆さんがジャンボタニシの調査研究にしっかりと参加して学んできた熱量があるからだと思います。調査研究のプロセスを活かした教材制作を締切までに完成させるべく、進めていきます。

0

あいちの未来クリエイト部