高校生環境学習推進事業『あいちの未来クリエイト部』愛知県立佐屋高等学校 科学部 第4回調査研究を実施しました!

2020/11/20

119日(月)に『あいちの未来クリエイト部』愛知県立佐屋高等学校科学部の第4回調査研究が行われました。同校では、稲の食害などで問題となっているジャンボタニシの生態や有効な駆除方法の研究を行っています。

  前回までに引き続き国立研究開発法人土木研究所の森照貴先生から、これまでの研究データの分析方法について指導をいただき、成果のとりまとめを行いました。

  科学部副部長から今年度に実施した調査研究及び前回指導いただいたデータ整理の結果としてジャンボタニシの移動距離の計算やトラップの誘引材に関する新たな調査など、生態の検証を行いました。

  報告を受けて、森先生より生息密度の計算方法やその妥当性の検証などについてアドバイスをいただきました。いくつかの計算方法を検証したところ、佐屋高校の圃場には1匹/m2以下と推測しました。今後も経年変化を確認すれば、対策の効果検証が可能となるため、調査研究の継続に期待を寄せられました。


12月の発表会に向けて、調査研究の結果を考察していきます。

0

あいちの未来クリエイト部