高校生環境学習推進事業『あいちの未来クリエイト部』愛知県立佐屋高等学校 科学部 第2回調査研究を実施しました!

2020/08/24

820日(木)に『あいちの未来クリエイト部』愛知県立佐屋高等学校科学部の第2回調査研究が行われました。同校では、稲の食害などで問題となっているジャンボタニシの有効な駆除方法の研究と、地域水田の生物相の解明を目的に研究する予定です。


2回調査研究では、株式会社田島蓮園にご協力いただき、レンコン水田にジャンボタニシの簡易トラップを設置しました。

実験区画となるレンコン水田においても、ジャンボタニシが観察され、食べられた葉や卵塊が多くみられました。


簡易トラップにはペットボトルを用い、中にはジャンボタニシの誘引剤として段ボールとヘチマたわしを入れ、風で飛ばされないよう、ワイヤーでしっかり固定します。トラップは一度入ると出られない仕組みになっており、全部で28個設置し、捕獲を試みます。


まずは、1週間後にトラップにかかったジャンボタニシを回収。捕獲したジャンボタニシは同グループが責任をもって処分します。

 

今後も有効な駆除方法について、調査・研究活動を進めていきます。

次回も乞うご期待ください!

1

あいちの未来クリエイト部