高校生環境学習推進事業『あいちの未来クリエイト部』 名古屋市立工芸高等学校 防災チーム 第3回教材作成を実施しました!

2020/03/02

 2月10日(月)に『あいちの未来クリエイト部』名古屋市立工芸高等学校 防災チームの第3回教材作成が、同校実習室で行われました。
 一般社団法人SDGsコミュニティ代表理事の新海洋子氏のファシリテーションのもと、チームの高校生5名が活動を行いました。

 高校生たちが作成してきた2種類の教材の名称が決定しました!「ブロックを組み立てるバランスゲーム」は『環境くずれ~る』、「パズル」は『防災くみたて~る』となりました。
 『環境くずれ~る』は災害についてやその怖さ、『防災くみたて~る』は災害から人の命を守る施設の建設が環境へ与える影響を学ぶことができます。
 どちらかを遊ぶだけでも学ぶことができますが、『環境くずれ~る』から『防災くみたて~る』の順に2つを遊ぶと、より深く環境と防災の関わりについて学ぶことができるようになっています。
 
 今回の活動では教材内容の詳細が詰められ、完成まではあとわずかとなりました。
 高校生からは、「全体的に見て形になっていただけで、実際はまだまだ改善される部分が多いことに気づいた。多くの人に見せるなら受け取った時の情報に不一致が起きないようにする修正が重要だとわかった。」「何とか形になったものの、改善するべき点がいくつもあることがわかった。期限が設定されている中でいいクオリティのものを作ることの大変さを身に染みて理解した。」といった感想が寄せられました。

 完成した教材は今後積極的に活用していく予定です。どうぞご期待ください!
 

防災くみたて~る


活動の様子

0

あいちの未来クリエイト部事務局