高校生環境学習推進事業『あいちの未来クリエイト部』 名古屋市立工芸高等学校 防災チーム 第2回教材作成を実施しました!

2020/02/13

 1月21日(火)に『あいちの未来クリエイト部』名古屋市立工芸高等学校 防災チームの第2回教材作成が、同校実習室で行われました。
 一般社団法人SDGsコミュニティ代表理事の新海洋子氏のファシリテーションのもと、チームの高校生5名が教材内容を検討しました。

 高校生たちは、「ブロックを組み立てるバランスゲーム」と「パズル」の2種類の教材について、内容の詳細を話し合いました。生徒たちはこの日までに試作品を作り、実際に試遊した結果をもとに資材の選定や、教材の改善についての検討を行いました。
 ブロックを組み立てるバランスゲームは、ブロックの部分に付いた番号と対応したクイズカードに書かれているクイズに正解するとブロックがもらえ、ブロックの山が崩れたときに一番多くブロックを持っていた人が勝ちになるルールです。この日は、クイズカードの内容の正確性や書き方、目的に沿ったものか等について話し合いました。
 パズルに関しては、より使用者に教材の意図が伝わるよう、パズルに描く絵を修正することになりました。また、対象年齢に適した難易度になるよう、パズルのピースの切り方や色味についての改善案を出し合いました。

 高校生からは、「教材の最終的な完成図には近づいているとわかる。いい所はそのままで直す所はいい所にしていきたい。作ったものが、自分たちが活動してきて学んできたもののまとめになると良いと思う。」「だいぶ完成に近づいてきたと感じた。ここでいかに頑張るかで教材の完成度が大きく変わると思うので、もう一度気を引き締めて頑張りたい。」といった感想や意気込みが寄せられました。

 次回は最終的な調整を行い、教材を完成させる予定です。どうぞご期待ください!


0

あいちの未来クリエイト部 事務局