高校生環境学習推進事業『あいちの未来クリエイト部』 愛知県立阿久比高等学校 理科部 第1回環境学習教材作成を実施しました!

2020/01/10

1213日(金)に『あいちの未来クリエイト部』愛知県立阿久比高等学校理科部の第1回環境学習教材作成が行われました。同グループはホタルの一生を人生ゲームになぞらえ、ホタルの生態や生息環境等について知ってもらうことで、ホタルの保全活動への参加を促す教材を作成する予定です。

1回の活動では、調査研究でもお世話になった石黒泰宏氏(愛知県阿久比町建設経済部建設環境課嘱託職員/ホタル専門家)をお招きし、教材作成の意図や目的、仕様について話し合いました。

 

高校生は、教材に取り組む前後で参加者の変容がみられるよう、導入ではホタルに意識を向かせ、展開ではホタルの現状等に気づいてもらい、まとめでは保全活動に関心を持ち、参加してもらうような構成を考えています。この構成を専門家やファシリテーターに報告すると、「言うことないくらい、しっかり考えられていてすごい」と褒めていただきました。

その後、教材を作成するにあたりさらに詳しくホタルの生態を調べる必要があると考えた高校生は、石黒氏おすすめの書籍「田んぼの生きものたち ホタル」を、「写真が大きくてわかりやすい」「すごく詳しく書いてある!」と熱心に読んでいました。

人生ゲームのイベントやマスの数などの教材の仕様についていただいた助言を参考に、今後の活動で教材の内容を充実させていきます。


また、ホタルの幼虫も順調に成長しています。寒さも厳しくなってきている中、高校生たちは冷たい水をものともせず、甲斐甲斐しくホタルのお世話をしています。


今後は、教材仕様の詳細決定や試作品作成に取り組んでいく予定です。
次回も乞うご期待ください!

0

フルハシ環境総合研究所