あいちecoティーチャー 2019年度第2回研修を実施しました!

2019/12/27

「あいちecoティーチャー」は、愛知県が養成した環境学習講師です。2019年度から愛知県内の小学校や環境学習施設等で講座を実施しています。

1221()2019年度の第2回の研修が、稲沢市の愛知県下水道科学館および日光川上流浄化センターにて開催されました。

はじめに、2019年度に様々な小学校や環境学習施設に出前講座をした結果を皆で共有しました。次に「SDGsを理解しよう!」と題して㈱フルハシ環境総合研究所浅井豊司所長より講義を受け、各グループの講座とSDGsとのつながりについて整理しました。また、更によりよい講座を子ども達に提供できるよう、各グループがこれまでの講座の実施結果をふり返り、講座の改善策を話し合いました。


いよいよ下水道科学館の見学です。木村達夫館長より下水道科学館の概要の説明や子どもたちを引き付けるプログラムの実演があり、その後「水のシアター」を視聴しました。科学館1階の様々な展示も見学し、子ども達にいかにわかりやすく楽しく伝えるかを学びました。



続いて隣接する日光川上流浄化センターに移動し、橋口好幸所長より流域下水処理場や日光川上流浄化センターのしくみについて講演いただきました。微生物の観察や、中央監視室の見学、汚水ポンプや配管の見学など、大変勉強になりました。今回学んだことは、今後の講座に取り入れていきたいと思います。



研修を通して様々なことを吸収したあいちecoティーチャー。気持ちを引き締めて、より良い講座を子どもたちや先生にお届けできるよう、活動していきます!


環境学習講師のご相談・ご依頼はこちらをご覧ください。

0

あいちecoティーチャー事務局