あいちecoティーチャー 春日井市立神領小学校で講座を実施しました!(その1)

2019/12/27

「あいちecoティーチャー」は、愛知県が養成した環境学習講師です。昨年1年間の養成を経て、2019年度から愛知県内の小学校や環境学習施設等で講座を実施しています。

春日井市立神領小学校のご依頼により、1028日(月)第2限から第4限の総合的な学習の時間において、講座『食べ物とごみのさかい目はどこ?~ごみをなくそう大作戦~』を実施しました。51組から3組の92名の児童が受講し、カードゲーム等で食品ロスの問題について学びました。小学生からは次のような感想が寄せられました!

・だいこんの葉やかわをつかってりょうりをしたいです。食べ物も残さないようにしたいです。

・賞味期限と消費期限のちがいを今までは知らなかったけれど、今日の授業でよく分かりました。賞味期限切れですててしまった食べ物もあったので、これからは気を付けようと思います。今日は来てくださってありがとうございました。

・残すとどんなことがおきるかが分かった。お母さんに今日ならったことをおしえて食品ロスをなくそうと思いました。

また担任の先生からは次のようなご意見をいただきました。

ゲームや分かりやすいパネルがありとてもよかった。たくさんの方が話されていて、班に1人くらいついていただけたことはありがたかった。

・時間がかつかつだったので、もう少しゆっくりとれれば、子どもたちももっと興味をもてたかなと思う。

子どもたちが意欲的に取り組んでいた。

いただいたご意見をもとに、
より良い授業をお届けできるよう、改善してまいります!




今後も、あいちecoティーチャーの活動の様子を発信していきます!

環境学習講師のご相談・ご依頼はこちらをご参考になさってください。

0

あいちecoティーチャー事務局