あいちecoティーチャー エコきちで講座を実施しました!(その2)

2019/09/19

「あいちecoティーチャー」は、持続可能な社会を支える「行動する人づくり」を目指し、豊かな知識や経験等を若い世代につなげるために、愛知県が養成した環境学習講師です。

安城市の柿田公園管理事務所「エコきち」からのご依頼により、811日(日)に、講座5『水の惑星地球を救え!ぐるぐるトルネード実験』を実施しました。当日は小学生(5)と保護者(2名)が参加し、ペットボトルを使って渦を起こし、トイレにティッシュペーパーを流すとどうなるか実験しました。また、水を大切にするために何ができるか話し合い、発表しました。




 今回は講座修了後、「エコきち」のご協力により、電熱ペンと間伐材を使ってペンダントを作りました。




児童からは次のような感想が寄せられました!

・おふろの水を洗濯機に使おうと思った。

・水の大切さをしっかり知り、水の再利用やポイ捨てについてしっかり考え、工夫してあまり水をよごさないようにしようと考えました。

・クイズが少しむずかしく、おもしろい。

・とても分かりやすい授業をしてくれた、あいちecoティーチャーのみな様には感謝したいです。ありがとうございました!!!

 また、依頼者のエコきちのスタッフさんからは、次のような感想をいただきました。

・地球の水のうち、どれだけが飲み水として利用できるのか?とてもわかりやすい説明でした。たったこれだけ?と思うことで、水を大切にしようという気持ちがより強くなったのではないかな~と感じました。実験をとりいれると、子どもたちは楽しめるので、すごく良いと思います。

 今後も、あいちecoティーチャーの活動の様子を発信していきます!

 環境学習講師のご相談・ご依頼はこちらをご覧ください。

0

あいちecoティーチャー事務局