あいちecoティーチャー エコきちで講座を実施しました!(その1)

2019/09/19

「あいちecoティーチャー」は、持続可能な社会を支える「行動する人づくり」を目指し、豊かな知識や経験等を若い世代につなげるために、愛知県が養成した環境学習講師です。

安城市の柿田公園管理事務所「エコきち」からのご依頼により、811日(日)に、講座1『どこへいく?プラスチックごみの真実!』を実施しました。

当日は小学生(3)と保護者(2名)が参加し、海ごみやマイクロプラスチックの問題について学びました。県内の海岸で捨てられていたプラスチックごみに触れ、ごみの現状やごみが環境に与える影響について映像で知り、自分たちにできることを「出来ますとも!宣言」に記入し、発表しました。

 

今回は講座修了後、「エコきち」のご協力により、エコバッグを作りました。


児童からは次のような感想が寄せられました!

・ポイ捨てしない。海のそうじをやってみたい。

・わたしはスーパーには、マイバッグは持っていってますが、コンビニには持っていないので持っていこうと思いました。

・プラスチックごみを減らすために使い回しをたくさんする。

・じゅぎょうで今までしらなかったことをたくさんしりました。またもっとしりたいと思いました。

・マイバッグがいいと思いました。じっさいのえいぞうがあったので、分かりやすかった。じっさい落ちていたごみがあったから分かりやすかった。

 

また、依頼者のエコきちのスタッフさんからは次のような感想をいただきました。

・映像やごみの実物などが確認できてよかったと思います。

・たくさんの子どもたちにこの講座を受けてもらいたいと思います。


今後も、あいちecoティーチャーの活動の様子を発信していきます!

環境学習講師のご相談・ご依頼はこちらをご覧ください。

0

あいちecoティーチャー事務局