大山川の河川敷の雑木伐採とゴミ拾い

2019/07/08

 大山川の不発橋上流の外堀川出口から大井前橋の河川敷の雑木を伐採しました。

 桑の木が多く、その他樫の木、榎木、楠、柳、グミの木、竹等々、この地域は毎年冬の間に伐採をしているので、大きくなった木はなく、簡単に切断できます。

 河川敷に沢山のゴミがあります。90%以上がプラスチック系のゴミで全部海に流れると思うと、大変なことです。

 河川敷の雑木は毎年木が小さいうちに伐採すれば簡単ですが、4、5年も放置すれば大きく成長し、ハサミ、手鋸などでは切断できなくなります。河川管理者の方は作業の効率化の参考にしていただければと思います。

<毎年雑木伐採している場合>


<5年ほど雑木伐採しない場合>



0

地域環境保全委員