夏休みこども教室「ごみ釣り分別ゲーム」と環境戦隊サルビアン塗り絵下敷き

2018/12/04

 「ごみの分別を正しく覚えて資源を大切にし、ごみ減量をしよう!」という目的で、安城市住吉町で夏休みこども教室を開催しました。毎年の町内恒例行事で、参加者は44名(うち親8名)でした。「ごみ釣りゲーム」では、子供用ゴムプールの中に種々雑多なごみを入れ、それを釣って分別してもらい、正しく分別できたかを判定し、ごみ分別の理解を深めてもらいました。「ごみ分別クイズ、雑紙って何?」では、雑紙と間違えやすいごみを並べて、雑紙を当ててもらいました。さらに、環境戦隊サルビアンのキャラクターの塗り絵をしてもらい、それをラミネート加工して下敷きを作製しました。親子で相談しながら、和気あいあいとした雰囲気で楽しい教室となりました。


0

地域環境保全委員