2018年6月17日(日) 『かがやけ☆あいちサスティナ研究所』開所式を行いました!

2018/07/10

2018年6月17日(日)、開所式が行われ、第4期の研究所活動が本格的にスタートしました!
所長である大村愛知県知事からの激励や、研究員代表者による抱負の発表、顧問である
中日新聞社論説委員の飯尾歩氏による講演などが行われた後、各チームに分かれ、
研究員は、パートナー企業・団体の皆さん及びファシリテーターと一緒に今後の研究所活動に向けた準備を進めました。

☆開所式における各チーム代表者からの活動に対する抱負を紹介します☆
[チーム・イケア : 服部 夢大 (中部大学・3年)]
イケア様からの課題は、「サステナビリティに対する意識を高めるお客様参加型イベントを検討せよ」です。私たちが考えたイベントに、一人でも多くの方が参加いただけると思うととてもワクワクします。課題についてより深く考えたうえで、チーム・イケア研究員それぞれの個性や、知識を生かしながら検討していきます。

[チーム・JA : 西林 孝治  (愛知学院大学・2年)]
JAグループあいち様からの課題は、「若者が農業の環境保全機能を実感し、農業応援団となるPR方策を検討せよ」です。私たち学生にとって、うってつけの課題であり、ユーモアにあふれた解決策を検討をしていけるのでないかと考えています。チーム一丸となって知恵を絞り検討していきます。

[チーム・しんにってつすみきん : 飯塚 慎太郎 (南山大学・3年)]
新日鐵住金様からの課題は、「LCAの視点による鉄の環境へのやさしさについて広く普及する方策を検討せよ」です。まだ、私たちは鉄について勉強し始めたばかりであるため、今後は、伸びしろしかないと考えます。チーム一丸となってよい提案となるよう取り組みます。

[チーム・スターバックス : 仁瓶 栞里 (名城大学・2年)]
スターバックス コーヒー ジャパン様からの課題は、「私たちの社会貢献活動に共感し 行動できる仲間を増やす企画を検討せよ」です。地域にやさしく、そして世界をつなぐこの課題に、個性豊かなチームのメンバーと一丸となって、一生懸命取り組んでいきます。

[チーム・デンソー : 近藤 啓介 (星城大学・3年)]
デンソー様からの課題は、「“smart move”を実践し、社会に普及させる方法を検討せよ」です。この“smart move”について、これからの活動の中で、一人でも多くの人に理解していただき、実践してもらえるような提案をしていきます。

[チーム・伊藤園 : 徳永 萌里 (南山大学・3年)]
伊藤園様からの課題は、「「お茶で愛知を美しく。」環境活動を広げる方策を検討せよ」です。私たちチーム・伊藤園は小学生とともに活動を進めていきます。子供から大人まで環境問題に興味をもっていただけるよう、チーム一丸となって取り組んでいきます。

[チーム・Kao : 竹内 莉子 (名古屋学院大学・3年)]
花王様からの課題は、「SDGs達成に貢献する未来の「お洗濯」を提案せよ」です。私たちの身近な様々な商品を展開されている花王様だからこそできる取り組みがあるのではないかと思い、これからの活動を大変楽しみに思っています。私たちの自由な発想から課題解決にむけて取り組んでいきます。

[チーム・積水ハウス : 今井 鴻之介 (東海学園大学・3年)]
積水ハウス様からの課題は、「100年後を見据えた「環境配慮型住宅」を検討せよ」です。誰もが想像することができない100年後を私たちが検討できることに、強く喜びを感じています。良い提案ができるよう、積水ハウス様、ファシリテーターさんと一緒に取り組んでいきます。

[チーム・トヨタ車体 : 三浦 隆義 (愛知学院大学・3年)]
トヨタ車体様からの課題は、「トヨタ車体ふれ愛パークを拠点とした新たな環境イベントを検討せよ」です。生物多様性の保全を行うことは環境について直接考える事につながると思っています。最後までチーム一丸となって取り組んでいきます。

[チーム・NEXCO : 紺野 耕煕 (中京大学・3年)]
中日本高速道路様からの課題は、「NEXCO中日本の環境取組のPR方法を検討せよ」です。数ある環境取組の中の1つの、エコロードについて深く学ぶとともに、多くの方にこの取組を知っていただき興味をもっていただけるようなPR方法を検討していきます。


[集合写真]


[チーム・イケア]


[チーム・伊藤園]


[チーム・Kao]


[チーム・JA]


[チーム・しんにってつすみきん]


[チーム・スターバックス]


[チーム・積水ハウス]


[チーム・デンソー]


[チーム・トヨタ車体]


[チーム・NEXCO]


1

かがやけ☆あいちサスティナ研究所事務局