全国一斉水質調査に参加しました

2017/06/06

 6月4日、大山川を愛する市民の会では、国土交通省主催の全国河川等の一斉水質調査に参加しました。

 今年は第14 回目、当会は第1回から続けて参加しています。参加者9名が3班に分かれ大山川の水を採水し、商工会議所に
持ち帰り分析作業を行いました。測定点4か所(公式)+5か所(自主)

 *今回の調査では大山川の上流より下流の方がきれい(透視度、COD)でした。この原因として以下のことが推測されますが、実態を正確に把握するにはもっと詳細な調査が必要です


1)上流は川の水が少なく①田植による汚れ②生活排水の影響が大きく出た?
2)日曜日で事業場の排水がすくない?
3)中流にある新木津用水からの清流により大山川の汚れが希釈された?

 〈年上橋での採水)       〈分析:COD、DO、透明度等) 

  

 〈作業開始前のミーティング〉   〈記念橋での採水作業)

  

 〈観測情報の確認)            〈分析作業〉

  

 〈溶存酸素DOの比色測定)        〈透明度測定〉

        

 

 左側の新木津用水から多量の清流が大山川に流れており、右側の大山川の汚れた水を希釈している。

1

地域環境保全委員