大山川河川敷の雑木刈

2016/12/12

平成28 年12 月11 日に大山川不発橋上流左岸で河川敷の雑木を伐採しました。
小牧市は工場も多く私の住んでいる応時地区は、名古屋市に近いことから住宅地として開発が進み、便利にはなったものの自然が減ってしまいました。大山川には河川敷があって水辺に近づくこともでき貴重な自然環境が残っています。この環境を次世代に引継ぎたいと願っています。
子供の頃は不発橋のたもとに家の田圃があり大山川は農業生活の場であり、遊びの場でした。夏の水浴び、冬の石打ち(川の中の石に石を投げると石の下の魚が脳震とうで浮いてくる)、ホタル狩り、井戸水が少ない時には川の水を風呂に使ったこともあります。
大山川とそこから見える尾張富士・本宮山・時々姿を見せる御嶽山は、私にとっては啄木や賢治の北上川でありイーハトーブです。雑草・雑木刈やゴミ拾いは家の庭の掃除をしている様なものです。

今日は一人で1時間ほどしか作業が出来ず雑木を刈ったのは僅か10m位でしたが、ゴミの収穫は沢山でした。
<作業前 雑木が育ちゴミが沢山ある>

<作業後 雑木伐採とゴミ拾い>


平成12 年に植樹した堤防の樹木:紅葉が綺麗です。河川敷の雑木が繁っている。



3

地域環境保全委員